黄金のモンブランロール(ロリアン洋菓子店)

ロリアン洋菓子店」の『黄金のモンブランロール』です。
黄金のモンブランロール(ロリアン洋菓子店)(2020/06/20)
クリームが主役!ではなくて、ふわふわのスポンジと、甘さ控えめの生クリーム、マロンクリームのバランスがよく、美味しくいただきました。生クリームに入っている刻み栗はもう少し多いほうが嬉しいかも。

黒と発芽の三十雑穀(九南サービス)

「自然の都【タマチャンショップ】」(=「九南サービス」)の『黒と発芽の三十雑穀』です。商品ページでは、単に『黒』としか書かれていませんが(^^;)
黒と発芽の三十雑穀(九南サービス)(2020/04/13))
直前まで食べていた『三十雑穀』(白) に比べると、色味が黒いというか、赤いような気がします。より雑穀らしい感じ。こちらもクセはなく、美味しいです。

三十雑穀(九南サービス)

「自然の都【タマチャンショップ】」(=「九南サービス」)の『三十雑穀』です。シリーズ6種類のうちで『白』として売られているものです。
三十雑穀(白)(九南サービス)(2020/03/12))
”バランスの白”ということで、とりたて特徴があるというよりは、万人向きでしょうか。クセがなく、食べやすいです。

もへじ 国産あずき最中(子)(もへじ、佐藤製菓)

パッケージにひかれて「カルディ」で購入した『もへじ 国産あずき最中(子)』です。販売者は「株式会社もへじ」、製造者は「佐藤製菓株式会社」です。
 国産あずき最中(子)(もへじ、佐藤製菓)(2020/01/10)
四角い最中が出てくると思ったら......
国産あずき最中(子)(もへじ、佐藤製菓)(2020/01/10)
丸かった(^^;) 直径 6㎝×厚さ 2㎝ぐらいで、”福” という文字が入っています。お正月らしくていいですね。
商品説明には ”甘さを抑えたつぶ餡” とありましたが、しっかり甘くて、量もたっぷりでした。皮もパリッとして美味しかった(*^_^*)

渋皮栗のエクレール(ドルチェ フェリーチェ)

「ドルチェ フェリーチェ」の『渋皮栗のエクレール』です(奥は『苺のエクレール』)。
渋皮栗のエクレール、苺のエクレール(ドルチェ フェリーチェ)(2019/11/24)
たっぷりのマロンクリームに、渋皮栗がごろっと。クルミものって、秋らしいお菓子でした。このオープンした形のままでいただくには、ちょっと食べにくかったのですが、固めのシュー生地も美味しかったです。

アントルメ・オ・シブースト(ブールミッシュ)

「ブールミッシュ」の『アントルメ・オ・シブースト』です。
アントルメ・オ・シブースト(ブールミッシュ)(2019/11/22)
上面のキャラメルがほとんど溶けていて、カリカリ感がなかったのはちょっと残念でしたが、甘さと苦みのバランスが絶妙。その下の、ゼラチンとムラング(メレンゲ)を合わせたカスタードクリームは、ふわふわで甘さ控えめ。その下に入っているリンゴも、バターでソテーしてあるのに、しつこさよりもさっぱりした感じです。なので、大きめサイズですが、ペロッと食べられちゃいました(*^_^*) 土台のパイ生地はちょっと固めで、フォークではカットしにくかったですが、こういうしっかりした食感もいいですね。

パンプキンキャラメルモンブラン(銀座コージーコーナー)

銀座コージーコーナー」の『パンプキンキャラメルモンブラン』です。
パンプキンキャラメルモンブラン(銀座コージーコーナー)(2019/11/15)
カボチャの風味がしっかり感じられるクリームは、どこかほっこりして、やさしい甘さ。ほんのりシナモンも効いています。甘露煮ダイスも使われていて、素材感があります。中はキャラメルクリームと塩キャラメルカスタードで、ほろ苦さと甘じょっぱさ、いろいろな味が楽しめました(*^_^*)